Help

フォト蔵×おもいでばこ フォトコンテスト

美ら海水族館のジンベイザメ

  • 4
  • 4
  • 2358

Photos: 美ら海水族館のジンベイザメ

Photos: 夕陽、シルエット Photos: 美ら海水族館のジンベイザメ

暗い水族館に来る事を予想して、f1.8の35mmの単焦点のレンズを持参して良かったと思います。
ジンベイザメに対するピントに関しては残念な結果になっていますが、下にいらっしゃる人々のシルエットが面白かったので採用しました。

このシルエットの人達は「静」ですね。
「動」はhttp://photozou.jp/photo/show/1934405/159520042
にあります。

http://juninho.blog16.fc2.com/blog-entry-4050.html

Albums: Public

Favorite (4)

4 people have put in a favorite

Comments (4)

  • 雪のんの

    藍の世界
    美しいサメ  群れる小さい魚  スイミーの世界ですね

    人間のシルエットが、感動を伝えています。
    ブログのように組写真もいいですね

    07-10-2013 22:36 雪のんの (6)

  • 白石准

    雪のんのさん、そうなんです、4枚くらいの組写真に出来るフォーマットがここにもあればいいのにと思いますね。

    ところで、スイミーって何でしょうか。

    07-11-2013 06:14 白石准 (40)

  • 雪のんの

    スイミー

    スイミー(Swimmy)とはオランダ出身の絵本作家レオ・レオニ作の絵本の題名である。また、その主人公の黒い魚の名前。

    谷川俊太郎が訳した日本語版の正式な題名は「スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし」。光村図書出版が発行する小学校2年生用の国語教科書に1977年から載録されている。

    あらすじ[編集]

    スイミーは小さな魚。ただ、兄弟がみんな赤い魚だったのに、スイミーだけは真っ黒な小魚だった。泳ぎも得意であり速かった。大きな海で暮らしていたスイミーと兄弟たちだったが、大きなマグロに兄弟を食べられてしまい、泳ぎが得意だったスイミーだけがなんとか助かる。

    兄弟を失ったスイミーはさまざまな海の生き物たちに出会いながら放浪するうちに、岩の陰に隠れてマグロに怯えながら暮らす兄弟そっくりの赤い魚たちを見つける。 スイミーは一緒に泳ごうと誘うのだが、マグロが怖いからと小魚たちは出てこない。

    そこでスイミーはマグロに食べられることなく自由に海を泳げるように、みんなで集まって大きな魚のふりをして泳ぐことを提案する。そしてスイミーは自分だけが黒い魚なので、自分が目になることを決意するのだった。かくして小魚たちはマグロを追い払い、岩陰に隠れることなく海をすいすい泳げるようになったのであった。

    以上コピーです。

    07-11-2013 09:09 雪のんの (6)

  • 白石准

    雪のんのさん、そうでしたか、参考になりました。
    ありがとうございます。

    07-11-2013 09:19 白石准 (40)

To make comments on artworks, click Login. User registration here.