Help

レトロな空間から現実へ、、

Photos: レトロな空間から現実へ、、

Photos: まっすぐ撮ったつもりなんだが(爆) Photos: これじゃホラーの館みたいになってしまった(爆)

明治生命記念館
http://photozou.jp/photo/show/1934405/170920911
のお堀側の出入り口です。

Favorite (12)

12 people have put in a favorite

Comments (23)

  • 立ち寄ってみましたわ?

    最近、お写真の投稿は Nikon のサイトばかりですし
    フォト蔵ユーザーさんの中で、「光る感性」に興味のあるユーザーさんはカメレオンおじさまダケなの。
    (感性って、努力なしで備えた天性のものと勘違いされてる人がいるケドね? ぷぷっ!)
    他のユーザーさんのお写真は
    「他人のものまね写真と安易なレタッチ加工合戦の様相」ですし
    フォト蔵ユーザーさんって、特徴的にその傾向が強いわね?(否定はしません)
    それから?
    随分と真面目なお写真を写してるじゃない。
    写真好きとしては「素敵ですね」
    でも?
    プロとしてお写真を拝見した場合は、「まだまだ詰めが甘い」です。
    (ついね、真面目そうなお写真でしたので安易な褒め言葉は書けませんし)
    そんな写真レベルの向上みたいなコメントを書くより
    ユーザーさん同士でお写真を見せあって「るんるん♪」できる事が一番ですね?
    フォト蔵って、そういうサイトなのでしょうから。

    そうそう
    うめ婆が気ままに書いたダケですから、お返事いらないよ?
    でわ!

    03-09-2013 02:09 unsubscribed user

  • 白石准

    ええと、うめ婆さん、かなり返答に困惑するのですが、評価されるのは嬉しいのですが、他の方の作品に比べて、という世界観は、御自分の気持ちの中にはあってよいものなのですが、それを前面にだして評価されるのは、あまり嬉しくはありません。

    それは僕が専門にしている音楽の現場で、「誰々を聴いたけどあなたの方が良い」と言われて嬉しい思いをしたことが無いからです。

    批評というのは、もちろん、比べることも必要ですが、その作品だけに独自なものに着眼すべきだと思います。

    なぜそう思うのかというと、僕にそういう感想を述べてくれる人は、きっと別の人にぼくの演奏より良かったというレトリックで表現すると思うとあまり気分が良くないからです。

    しかし、自分は音楽に関してはprofessionalなので、聴衆がどんなに自分の思いと違う事を受け取って感想を述べ合っても、それは許容するしかないのですが、こと、趣味でやっていることについては困惑だけが残ります。

    もしかして、この場所で、他の作品についての思いを書かれているとしたら残念です。

    03-09-2013 02:33 白石准 (40)

  • 白石准

    professionalな絵描きさんだとしたら、趣味でやっている人に対しては、「上手くなるためには物真似から始めること」の重要性が大事だとはおもいませんか?
    僕は音楽でも、まず憧れの演奏があったほうが上達は早いと思うので、教えて居る人にはそう言います。
    何も無いところからオリジナルは生まれません。

    そしてレタッチ加工に関しても、釈迦に説法ですが、今はそういう手段もあるわけだから、昔の様にもの凄く難しくないわけだから、素人がそれを駆使して行くのは自由であり、写真は、撮って出す人もいれば、加工こそ命という人が居てもよろしいかと思います。

    しかも、僕の最近の投稿は、Nikonだけではなく、OlympusもSIGMAも割合的に多いと思うのですが、文章の意味が良く判りません。

    03-09-2013 02:33 白石准 (40)

  • 白石准

    僕の写真がプロから観て詰めが甘いというお言葉は真摯に受け取りたいと思いますが、プロとしてアドヴァイスしていただくなら、「詰めが甘い」という言葉で言い切ってしまうことは、僕はアマチュアにはしません。

    その言葉だけでは、何をどうすればもっと良くなるという建設的なニュアンスに欠けているからです。

    それは同業者同士、あるいは先輩後輩同士では時に必要、かつとても有効でしょう。

    で、真面目そうな写真とふざけた写真とを区別されていますが、僕にとってはその区別はまるでありません(爆)

    ゆえに、るんるんと、詰めが甘いという言葉の整合性が良く判らないのですが、僕の写真への批評はいくらでも受け付けますが、ここで他の方々の手法、技術については貶めるご意見は歓迎しかねます。

    03-09-2013 02:33 白石准 (40)

  • chibi-shiro

    シックな作りがとても素敵ですね。
    自分はこちら側のレトロな世界に心地良さを感じます。

    03-09-2013 04:05 chibi-shiro (14)

  • かず(スーパー多忙なぅ…)


    ププッ♪写真よりコメントの方に興味深々ですwww
    100%素人の目線を持てるプロが最強と思っています(^◇^)
    専門知識がつく程難しいんですよね♪
    あ、写真の話ではなく音楽の話ですwww

    03-09-2013 08:08 かず(スーパー多忙なぅ…) (19)

  • 白石准

    chili-shiroさん、ありがとうございます。
    この背中側に凄くレトロなエレベーターがあったのですが何故か撮った二枚ともぶれてしまい残念でした。

    また行く機会があった時に紹介します。

    土日に来ると、普段は開放してない二階の部屋を見学出来るようです。

    03-09-2013 09:36 白石准 (40)

  • 白石准

    かずさん、ご評価ありがとうございます(爆)

    http://photozou.jp/photo/show/1934405/170925707
    の問答もそうですが、表現活動をしていると、こういう事には良くぶつかりますから、感情的にはならず、逃げないようにはしています。

    批評と批判は似ていて違います。

    このPHOTO蔵という場所が気に入っているのはかずさんが日記にお書きになった様に、写真を通じて知らない人と交流する点です。

    で、基本的にプロよりアマチュアが多いと思うわけです。

    しかし、うめ婆さんからのように、厳しい批判をされることは、一旦外に(ネットに)作品を出した以上、受け止めなくてはいけません。

    しかし、僕はもし、うめ婆さんが(音楽家じゃ無い前提で(爆))ピアノを弾くのを聴いて、知り合いでもないし、アドヴァイスも求められてないのに、「プロとしては詰めが甘い」という表現は口が裂けてもしないし、思いつきもしません。

    03-09-2013 10:11 白石准 (40)

  • 白石准

    逆に、アマチュアなのに、「演奏でバイトをしたいけどどうすればいいか」という質問にかつて、「音楽は金を払って演奏した方がのびのびできるからやめた方が良い」と書いたら、アマチュアの演奏家聴衆から「なに偉そうな事を書くんだ」と総攻撃を受けた経験があります(爆)

    そういうときにはプロより上手に見えるアマチュアでも仕事にすると、好きな曲を好きにだけ弾く事ができないし、表面的なこと以外で対応しなければ行けないことが無数にあるので、「詰めが甘い」という言葉は有効かもしれないんですけど。

    面白いもので、僕の演奏を批判した記事にレスポンスしたことがありますが、昔だったら客席は完全な匿名の安全地帯でしたが、ネットに公開されたら公のものであり、僕が批評がとんちんかんなので、それを批評したら、完全に切れられました(爆)

    難しいですが、うめ婆さんの僕の作品へのシンパシーと厳しいご批判は両方とも真摯に受け止めようとは思って居ます。

    単純に他の方々への言及に困惑したまでです。

    03-09-2013 10:12 白石准 (40)

  • 白石准

    僕がクラシックを弾くときとそうでない曲を弾くときは、スタイルの違いはあれど、本質の区別はしてないので、たんに僕の写真も「顔が見えている」ものと、「記念写真」と「長時間露光(爆)」とかのスタイルの違いだけです。
    SIGMA-DP2Merrillで撮る解像度の高さと、昔の猫の古いコンデジの解像度は同じレヴェルでは語られたくないし(爆)

    03-09-2013 10:12 白石准 (40)

  • 白石准

    今日もコンサートですが、今日はバレエとのコラボが小さい稽古場であります。
    http://juninho.blog16.fc2.com/blog-entry-4525.html

    バレエとはショパンの小品をいくつか弾きますが、独奏で弾くのとは違って彼女たちが練習しているバレエ用にアレンジされたオーケストラに編曲されたもの{レ・シルフィード」という有名なバレエ作品があるのです。)は、テンポの揺らぎがすごくピアノの独奏のセンスからしたら逸脱しているものですし(爆)、短い曲は一回だから詩になっているが、それじゃ踊りにならないので三回もリピートがある!(爆)

    こういうときには、100%彼女たちにすりよらないと、踊れないので、「これがショパンに対する白石准の解釈だ」と思われるのは(思われるでしょう)、ピアノのセンスからすると実に僕の趣味では無いのでいささか凹むのだけど(爆)、何を優先するかというと、僕の名誉では無く、可愛いバレリーナが気持ちよく踊れることです。
    これもプロの仕事の一場面ですね(爆)

    03-09-2013 10:20 白石准 (40)

  • 白石准

    これを、「ショパンの本質から逸脱している!」と怒ることも選択肢のひとつでしょうが、共演者を喜ばす事が、すなわちお客を喜ばすことにも繋がると確信できれば自分はこの際横に置くべきです。

    後半は完全な独奏なので、その時に好き勝手に弾きますよ(爆)
    でも、書いておきますが、自分のスタイルじゃ無いやり方をやることによって、発見もあったりするので、僕は何事にも素直でありたいと思って居ます。

    03-09-2013 10:20 白石准 (40)

  • 白石准

    そうそう、もうひとつたとえを思いつきました、かずさん(爆)

    今日は戦前の、しかも向こうが見えてしまうくらい背の低い縦型ピアノで弾きますから、考え方によっては300万画素クラスの昔のコンデジ(だけど、良い味の画が撮れる捨てることは考えられない愛すべき)です(爆)

    コンサートホールにあるコンサート用の最高のグランドピアノ(カメラを何に例えようか迷ったけど敢えて書くのをやめた(爆))とは違います。

    今日の僕の音色を聴いて、「こいつの音色はCDで聴く他の人の演奏より安っぽい」とか思われても、同じ土俵に立ってないので反撃する手段を持ちません(爆)

    僕はサントリーホールでも小学校の体育館でも喫茶店でも、人の家でも弾くので、今日はそこにあるピアノが一番美しく響くように楽器と仲良くするしかないし、昨日のリハーサルに行って結構気分が良かったから、あとは会場の空気をどういう風に変える事ができるかは、勝負というかギャンブルですね。

    03-09-2013 11:34 白石准 (40)

  • かず(スーパー多忙なぅ…)

    ネットの世界はある意味無法地帯だから
    使い方を間違えると一生の恥を永久に残す羽目にもなりますよね(経験談w)
    仕事と趣味の違いとネットという魔物の話は
    お逢いした時に是非ゆっくりお話したいです(^^)

    話は変わるのですが、
    ひょんなコトからシグマ8-16が手に入りそうです(^◇^)

    03-09-2013 13:38 かず(スーパー多忙なぅ…) (19)

  • 白石准

    かずさん、そりゃあ凄い広角ですね。
    会うのが楽しみだなあ(爆)
    僕の持って居るのが10-20なのでもっと広いというわけですな。
    また面白い作品を期待しています。

    03-09-2013 13:58 白石准 (40)

  • 雪のんの

    一つの作品に対して、プロアマ関係なく 何かを感じ取ることができたら、それはそれで、魅力ある作品なのだと思います。

    もっと言えば、プロから見て良い作品でも、アマから支持されなかったり、また逆の場合もあります。

    五感を総動員して、感性を磨きたいと思います。

    バレエ観たかったなあ!

    03-09-2013 21:00 雪のんの (6)

  • まつむし草

    綺麗に整った構図でいいですね。

    初めまして、コメントから入りましが
    【まつむし草】といいます。
    時々画像を拝見しています。

    03-10-2013 05:17 まつむし草 (45)

  • 白石准

    雪のんのさん、 かずさんの書いたとおり、専門家目線と素人目線の両方に眼を配るというのは専門家の必要なことですよね。

    だからblogの文言がくどい(ここもか(爆))のは(爆)、いつも初めて来る人を念頭に置いているからです。

    昨日のバレエとのちょっとした共演、新鮮でしたよ。

    03-10-2013 09:15 白石准 (40)

  • 白石准

    まつむし草さん、ありがとうございます。
    昔の建物って「余白」を上手く使っているような気もするし、もしかしたら、皇居のお堀などを日本庭園の考え方の「借景」として使っているのかもしれないと思いました。

    もちろん、今見えている植栽は建設当時のものとは違うのでしょうが、、、。

    03-10-2013 09:17 白石准 (40)

  • ito*

    こういう雰囲気のある空間から見る日常の世界はまた違って見えますね。

    ☆をつけて帰ろうと思いましたが、コメントが目に入りまして・・・
    素人の私には、つめが甘いという部分が分かりませんが、素敵な写真と思いました。
    色々な人がいるなぁと思ってコメントを読んでいました。

    03-10-2013 21:12 ito* (20)

  • 白石准

    ito*さん、☆だけで立ち去るはずが有り難いコメントまで、、感謝します。

    まあ詰めが甘いというご感想は、僕は知らない方からですが、文面からして好意の延長線上にプロとして厳しく指摘してくださったのでしょう。

    僕にもどう「甘いのか」まで説明して欲しかったのですが(爆)、それ以上は書いて貰えないので、僕にも判らないし、まず、この写真自体、歩いて外に出る時に手持ちでそのまま記念撮影した程度のものなので、「詰める」つもりもなかったんですがね(爆)

    ちゃんと三脚に固定して、アングルや露出、絞りなどをじっくり考えて、視点の高さや左右のバランスなど、構図を考え抜かれた「作品」として撮るには、横にいかつい警備員の人はいるし、そんな事してたら、趣味には思われなくなっていちゃもんがつきそうで、そんなこと全く出来る空気ではなかったですから、作品として詰めが甘いのは当然です(爆)

    確かにこんな素人に、弟子でも無いのに言いっ放しされるのも確かに気分は良くないですよ(爆)

    しかし、自分は音楽をしてますから、公に出したものには批評はつきものだと思って居るので、ど素人ではあるけど、こういう事には普通の人よりは耐性があるかもしれません(爆)し、他の皆さんの暖かい書き込みに安堵の救いも感じています。

    03-10-2013 23:23 白石准 (40)

  • ひなこ母(時折出現中)

    クロスに入った光が印象的です^^自分も同じ位置に立っている気がします。
    belokamenskyさんの、バレエやミュージカルでの演奏を観に行きたくなりました。きっと、どんなに真剣でも、楽しそうにされている気がします^^

    04-18-2013 19:10 ひなこ母(時折出現中) (105)

  • 白石准

    ひなこさんに云われるまでクロスに光が入っていることをあまり意識してませんでした(爆)
    ここは、東京のミュージカルのメッカ、帝劇とか日生劇場の並びです(爆)

    最近はミュージカルは縁がないです(爆)
    でも、5/31にPianoのリサイタルを横浜でやりますので、空いていたら、いらしてください:-)
    http://juninho.blog16.fc2.com/blog-entry-4562.html

    04-18-2013 21:18 白石准 (40)

To make comments on artworks, click Login. User registration here.