Help

ずっと彼の歩みを見守ってきた

Photos: ずっと彼の歩みを見守ってきた

Photos: パッチワーク Photos: アンティークな自転車が、

飛騨高山にて。
若い娘は大好きですが、この背景にはこの人こそ似合うと思いました。

窓も壁も実に印象的。
彼は、この隣の床屋さんの大将。

Favorite (30)

30 people have put in a favorite

Comments (16)

  • にっき

    わー、いいですね。このおじさんも、ものすごくおしゃれー^^v

    11-03-2013 09:04 にっき (72)

  • hamazou

    私も同感で~す。

    11-03-2013 09:28 hamazou (51)

  • 柳島蒼機(心臓リハビリ中)

    共に時代を歩んできた。
    そんな雰囲気が漂っていますね。
    建物とこの人との間に関係性が、あるかどうかは知る由もありませんが、同じ時間に生きていたという感覚だけは、間違っていなそうです。
    歩いているのは、人だけでなく建物も、
    そして歩いて行くのは、道ではなく時間なんだなと感じました。
    時の旅人になった気分を味わえる一枚ですね。

    11-03-2013 09:41 柳島蒼機(心臓リハビリ中) (18)

  • ミルちょ

    渋いな。^^

    11-03-2013 12:55 ミルちょ (83)

  • 雪のんの

    この方のお陰で、
    この家がアートになりましたね

    11-03-2013 14:42 雪のんの (6)

  • ボウちゃん(猫の手も借りたい多忙さ、時々開きます)
  • てげちち(長期貼り逃げ中<(_ _)>)

    これは素敵な写真ですね!
    何とも言えないいい雰囲気です!!!

    11-03-2013 19:26 てげちち(長期貼り逃げ中<(_ _)>) (20)

  • 白石准

    hiroshimanikkiさん、この鄙びた建物を撮ろうと、道の反対側で構えていたところ、突然この御仁が横切ってくださって、手振れ防止のために、このカメラ基本的には、2秒のセルフタイマーで手持ちで撮っているので、こういうタイミングになりました。
    今思えば連写で撮りたかったけど(爆)
    すごくお洒落な方ですね。

    11-04-2013 16:55 白石准 (40)

  • 白石准

    hamazouさん、この鄙びた建物はなんだろうと思いましたが、上にもちょっと見えていますが、美容室(だった)みたいですね。
    この方、ちょっとだけ西部劇のガンマンにも見えなくもない(爆)

    11-04-2013 16:57 白石准 (40)

  • 白石准

    あいあいさん、もしかしたらですが、このお人とこの建物あながち無関係ではないかもしれません。
    この隣の建物に入っていきましたから(#^.^#)
    まあ隣ですから無関係かも知れませんが、少なくともこの建物が「現役」だったころは知っているはずですね。

    「歩いて行くのは、道ではなく時間なんだな」という世界観、凄く面白いと思いました。

    11-04-2013 17:18 白石准 (40)

  • 白石准

    ミルちょさん、飛騨高山の街中はミルちょさんの世界観にぴったりの物体があちこちにありましたよ。
    ごく一部はミルちょさんに捧げるために撮りましたが(爆)
    そのうち、出します(爆)

    11-04-2013 17:33 白石准 (40)

  • 白石准

    雪のんのさん、確かにこの方が居なかったとしても家に眼が行きますが、この方の存在は写真として数倍面白くして頂いたと思います。

    側溝のあみあみがもうちょっと 左側にあったら、窓と合わせて「顔に見えるもの」にも昇格したのですが、、、(爆)

    11-04-2013 17:57 白石准 (40)

  • 白石准

    ボウちゃんの父さん、ありがとうございます。

    僕も大好きですし、歩いている人の向こうに見える戸と二階はまるでモノクロみたいな色調で、左が寒色系で、カラーとモノクロが同居しているように見えるのも面白いと思います。

    11-04-2013 18:16 白石准 (40)

  • 白石准

    てげ父さん、ありがとうございます。
    これですから、飛騨高山散策はやめられません。

    今日はまた此処を通りましたが、その時やんでいた雨がまた強くなったので緊急避難的に、例の高山昭和館に再び入ってしまいました。
    前回はミラーレスで撮りましたが、今回はSIGMAのカメラで撮りました。
    また後ほど違うテイストの高山昭和館のレトロな写真が続くことでしょう。

    11-04-2013 18:29 白石准 (40)

  • ぼーもあ

    ちょうど家の色彩が落ち着くところにこの方がいて、
    茶色い波形が上がって来たところにこの方の手があって...等、
    切り替わっている瞬間が写真に収まっている。
    映像的と言うんでしょうか、配置がとても面白いです。
    背景の直線を全部延長して、この方が何処に収まっているか調べたいです。

    11-06-2013 00:54 ぼーもあ (13)

  • 白石准

    ぼーもあさん、詳細な分析ありがとうございました。
    それは気づきませんでした。

    hiroshimanikkiさんへのコメントのとおり、二秒のセルフタイマーで撮りましたからすべてが偶然だったのですが、そのようなご評価感謝です。

    実はこの写真Google+にも出したら、外国の人が、「この人はもっと左に配置した方が良い」と書かれ、そうかもしれないけど偶然だったしと、どうレスポンスすべきか、迷って居たのですが、ぼーもあさんのご意見を聞いてちょっと強気になりました(爆)

    11-06-2013 17:15 白石准 (40)

To make comments on artworks, click Login. User registration here.