Help

11.03.22.吉祥寺(本駒込3丁目)榎本武揚墓

  • 43

Photos: 11.03.22.吉祥寺(本駒込3丁目)榎本武揚墓

Photos: 13.10.21.吉祥寺(本駒込3丁目) Photos: 11.03.22.吉祥寺(本駒込3丁目)榎本武揚墓

2012年mixiフォトコメント
03月24日 13:40
●榎本武揚――
天保7(1836)年、下谷御徒町生まれ。
1847年、昌平黌入学。のち、中浜万次郎の塾で学ぶ。
1854年、箱館奉行 堀利煕の小姓としてはじめて蝦夷の大地を踏み、樺太探検に従う。
1856年、長崎海軍伝習所2期生。
1858年、築地軍艦操練所、教授方出役。
1862年、開陽丸建造監督を兼ね、オランダ留学。当時最高レベルの学問を吸収していく。
※日本人初の、モールス信号技術習得者。
1866年、開陽丸を回航し帰国。開陽丸船将~軍艦役~軍艦頭並。
1868年、幕府海軍副総裁。
――――鳥羽伏見の戦いを脱出する徳川慶喜を江戸まで送る。同時に、大坂城にあった18万両も艦隊に積み込んでいる。
※のちの活動資金。
1869年、5月16日、切腹して同志1000人の命を救おうとするが、周囲に止められ断念。自身が官軍に降伏、謝罪することによって同志たちの命乞いをすることにした。戊辰戦争終結。
※蝦夷共和国の要人(旧幕閣、幕臣)たちが断罪されずに済んだのは、黒田清隆が頭を丸めて助命嘆願に奔走したから。
1872年、3月6日、特赦で釈放。3月8日、開拓使四等出仕を命ぜられる。
1874年、海軍中将 兼 特命全権公使としてロシアへ。約1年間の交渉ののち、樺太・千島交換条約締結。
1878年、若い日本人留学生ふたりとシベリア横断旅行を敢行。ロシア人でさえ旅行しようなどと思わない未踏の原野。
※これは単なる好奇心や冒険心によるものではなく、ロシアの風土や国情を調査するのが目的だった。ロシアの首都、サンクト・ペテルブルクからウラジオストックまで、65日かけて、馬車と船で約1万キロを踏破した。(西比利亜日記)
※シベリア横断を初めて行ったのは日本人、榎本武揚。
――――逓信、文部、農商務の各大臣を歴任する。


2012年03月24日 15:04
↑シベリア横断を初めて行った、て違った気がするなぁ……。テメエで書いといてナンデスガ笑 十数年前のレポートですf(^ω^;

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.