Help

小石川 善光寺(東京都文京区)

  • 39

Photos: 小石川 善光寺(東京都文京区)

Photos: 小石川 善光寺(東京都文京区)善光寺坂 Photos: 善光寺坂途中(小石川3丁目)

mixiアルバム「傳通院 (小石川伝通院)」コピペ――
https://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=500000053960012&owner_id=32815602
2012年03月20日 15:27

●無量山傳通院寿経寺――
むりょうざん でんづういん じゅきょうじ。
俗称、小石川 伝通院。
浄土宗。
本尊、阿弥陀如来。(平安時代の僧 源信(恵心僧都)作とされる。)
応永22(1415)年、浄土宗第七祖の了誉聖冏(りょうよ しょうげい)が、江戸 小石川極楽水(現 小石川4丁目)の草庵にて開創、山号を無量山、寺号を寿経寺とした。開山は、弟子である酉誉聖聡(ゆうよ しょうそう。増上寺開山)の切望によるものという。
(現在当地には、家康の側室茶阿の局の菩提寺、吉水山宗慶寺がある。)

慶長7(1602)年8月、家康の生母 於大の方(水野氏)が京都伏見城で亡くなる。家康は母の遺骸を遺言通りに江戸へ運び、大塚町の智香寺(智光寺)で火葬。位牌は安楽寺(愛知県蒲郡市)に置かれ、光岳寺(千葉県関宿町→野田市)など各地に菩提寺を建立する。
慶長8(1603)年、家康は母の遺骨を現在の墓地に埋葬し、寿経寺をここに移転して堂宇(堂の建物)を建て始め、法名「傳通院殿蓉誉光岳智香大禅定尼」にちなみ、院号を傳通院とした。
当初、菩提寺である芝の増上寺に母を埋葬しようとしたが、「増上寺開山の聖聡上人の師である了譽上人が庵を開いた故地に、新たに寺を建立されるように」との増上寺十二世 観智国師(かんち くす(こくし)。源誉存応(げんよ ぞんのう))の言上を受け、傳通院の建立を決めたという。
慶長13(1608)9月、堂宇竣工。観智国師門下の学僧 正誉廓山(増上寺十三世)が、家康から住職に指名された。

徳川家菩提所次席。
増上寺、寛永寺とあわせ江戸の三霊山と呼ばれる。
高台の風光明媚な地であったため、富士山、江戸湾、江戸川などが眺望できたという。

文久3(1863)年2月4日、浪士組が山内の塔頭 処静院(たっちゅう。しょじょういん)で結成される。山岡鉄舟・清河八郎を中心に近藤勇、土方歳三、沖田総司、芹沢鴨ら250人が集まった。

彰義隊結成のきっかけの場にもなったという。

徳川幕府滅亡により、その庇護は完全に失われる。

明治2(1869)年、勅願寺となったが、当時の廃仏毀釈運動(仏教排斥運動)のため、塔頭・別院の多くが独立し規模もかなり小さくなり、勅願寺の件も沙汰止み(政府は廃止とした)となる。

同じ浄土宗の信濃 善光寺と交流があった関係で、塔頭の一つが善光寺の分院となる。
(門前の坂が善光寺坂と呼ばれるようになった。)

明治23(1890)年、境内に移した浄土宗の学校を元に、淑徳女学校(現在の淑徳SC中等部・高等部)を創立。
この時代になって墓地が一般開放され、庶民の墓も建てられるようになった。

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.